居酒屋でも学べるパスタ知識

居酒屋でも学べるパスタ知識

イタリアンの代表的な料理にパスタがあります。パスタといえばイタリア料理でしか使われないものです。

赤坂の個室といえば

 

一言でパスタといっても、さまざまな分類によって、たくさんの種類に分けることができます。パスタの種類というと、「形」での分類しか思い浮かべられないと思いますが、それだけではないんです。
川崎 居酒屋 個室なら陣

 

まずは調理法で分類することができます。パスタをオーブンなどで「焼く」のか、ブロードというスープの具として使うのか、パスタをゆでてソースを絡めるのか、この3つに分類することができます。
 

 

私たちに一番馴染みのあるのは「ゆでてソースに絡める」調理法のパスタですね。次に、乾燥か生かで分類することができます。私たちが通常口にするもの、お店で買うパスタは「乾燥パスタ」です。
 

 

乾燥させない、家庭やお店で作ったものをフレッシュな状態でいただくものを「生パスタ」と言います。後は、パスタの表面がざらざらしているか、ツルツルしているかで分けることもできますが、それはパスタを押し出す鋳型によって変わってくるそうです。