バラエティー豊かな居酒屋について

韓国家庭料理居酒屋でホットに過ごす

もてなしの心に基づいて作られる韓国料理。はじめてランチに入ったお店で、何種も出てくるお皿に少しづつ入ったキムチやサラダ、海産物に山盛りの白いご飯、プラス、スープや麺類・・・といったメニューに、驚いたことのある人は多いのではないでしょうか。元々宴会料理や居酒屋メニューに向いているんです。唐辛子や香辛料で、お酒が進みますよね。居酒屋のポイントとしては、韓国の地酒が沢山選べるところであれば、なお嬉しい。日本でも人気のマッコリやチャミスル、普段は癖があるように感じられても、居酒屋のメニューと一緒に食べれば、きれいに料理の脂を洗い流してくれます。食べて汗をかいて満足し、韓国料理のもてなしの心の真髄を味わってください!

居酒屋の魅力って?

昔、居酒屋というと、お父さんたちが集う場所というイメージがありました。赤ちょうちんというやつですね。でも今は、OLさんたちや学生さん達、主婦の方々まで多くの方が集う場所となっています。さて・・皆さんが思う銀座の魅力、なんでしょう。

 

私がまず最初に考える居酒屋の魅力というと、やはり安くてたくさんのメニューがあるということでしょうか。いままでに食べたことがないという食材ではなく、家庭でも食べ慣れている食材で、気取らず食べられるという部分も魅力。お子さんが一緒でも、おかず的なおつまみやおにぎり、お茶漬けなどもありますから、家族で楽しむということもできます。

 

学生さんにとっても、リーズナブルな価格は強い味方になりますし、お小遣いの少ないサラリーマンのお父さんたちだって、十分にお腹いっぱい!のんびり酔うことができるというリラックス感も魅力ですね。居酒屋によってはカクテルなどもたくさん用意されているところが多くなっているので、OLさん達にも大人気です。

イタリア南部料理

外国人がイメージする典型的なイタリア料理といえば、ピッツァにスパゲッティ、トマトとオリーブオイルをたくさん使った料理を思い浮かべるかと思います。それがまさにイタリア南部の料理なんです。これらの料理はイタリア南部のナポリを中心に愛されてきた料理です。

 

イタリア南部は気候が温暖で、太陽の日差しがさんさんと降り注ぐ土地です。そのためオリーブやトマトがたくさん収穫されたのですね。今でこそオリーブもトマトもイタリア全土で収穫され食されていますが、元々は南部の特産品だったのです。ですからトマトを使った料理などは南部の代表的な料理といえます。

 

スパゲッティー・ナポリターナは、日本ではケチャップで作られますが、本場ではホールトマトなどを使って作られるため、よりトマトの味を楽しむことができます。ピッツァの代表というとマルゲリータ。モッツァレラチーズとトマトとバジルだけが使われる素朴なピッツァも、イタリア南部らしさが溢れる料理です。